海外メーカーで多機能ペンと言えば「ロットリング フォーインワン」もオススメの1本!

海外メーカーの多機能ペンと言えば「ロットリング フォーインワン」もオススメの1本! 万年筆・ペン

今回も引き合いに出してしまいますラミー2000ですが、ボールペンだけでなくシャープペンシルも使いたい方や4色(緑)は不要だという方も多いはずです。
こちらも文房具好きな方ならご存知かと思いますが、そのような方には同じ高級筆記具というジャンルにある「ロットリング フォーインワン」がオススメです。

この「ロットリング フォーインワン」は、名前のとおり4つの機能が備わっている多機能ペンで、3色ボールペンプラスシャープペンシルという構成になっています。
「ペンデュラム・グラビティシステム」という名前のついた機構によって、ペン本体に描かれているアイコンを上側に向けてノックすることで、アイコンに従ったペン先を出すことができます。

スポンサーリンク

重量感のある無骨なデザイン

「ロットリング フォーインワン」といえばグラファイト(黒鉛色)カラーと呼ばれる独特な色合いです。
これがまたしっかりとした雰囲気を出していて、持っていて安心感があるんですよね。日常使いはもちろんのことビジネスシーンにおいてもデザイン的・機能的にも使いやすいと思います。

サイズは全長は145mm、軸経はΦ10mm、重さは26gとなっています。
見た目と裏腹にスリムボディですが、ズッシリとした重さです。この重さに好みの差が出てくるかと思いますが、重心はペン先部分にあるため書きやすさや滑りにくさに貢献しているといえます。長時間の筆記については少々難があるかもしれませんが、基本的には書きやすい部類のペンだと思います。

また、特に使いやすい部分としてはペンクリップ部分が可動式であるということ。

海外メーカーの多機能ペンと言えば「ロットリング フォーインワン」もオススメの1本!

これによって多少の厚みがあるペンホルダーや胸ポケットに挿すときなどスムーズに出し入れができます。
さらにこのクリップ部分を開くことででペン先を引っ込めるという作りになっているので、手帳や胸ポケットに挿すときには自動的にペン先が引っ込んでいる、ということになります。なのでペン先を収めずにポケットに挿そうとしてインクがついた、ということも減るかと思います。
こういう作りがビジネスマンに好まれる理由なんでしょう。
私自身も何度かワイシャツ汚した経験がありますのでこの機構はありがたいと思いましたし、厚みのある革のシステム手帳を使っていたときには、このクリップがあるおかげで出し入れがしやすく扱いやすさを感じていました。

「ロットリング フォーインワン」もこの手の多機能ペンの例に漏れず、4C規格のリフィルを使用しているというのもメリットだと思います。
海外製のインクのなかでもロットリング製のものは書きやすいと思いますが、やはり日本製のインクを使いたいという方にももってこいの1本なんですよね。

海外メーカーの多機能ペンと言えば「ロットリング フォーインワン」もオススメの1本!

私はジェットストリームインクの4Cリフィル(黒・青・赤)を入れて使っています。
ちなみにゼブラ製の4Cリフィルも良いと思うのですが、他メーカーに比べてほんの僅かにリフィルの軸が太いため、差し込まれる側が広がってしまい、ゼブラ以外のリフィルを入れるとゆるゆるになってしまうのが弱点なんですよね。私は以前「ロットリング フォーインワン」に入れていたせいで、ジェットストリームリフィルを入れるときに少しペンチで細工したりしました。これは他の4Cリフィル互換のボールペン各種に言えることなのでお気をつけください。

なお、個人的にいくつか注意が必要そうな部分が2箇所あります。
まず全体の長さのうち、気になるであろう部分がこれ。

海外メーカーの多機能ペンと言えば「ロットリング フォーインワン」もオススメの1本!

そう、ノックする部分ですね。なんか長いんですよ。全長145mmのうち約14mmはここです。
ノックしてしまえばおよそ3mmほどしか出ないので使っている分には良いのですが、ペンホルダーに差すとこのノックの頭部分だけが飛び出てしまう…ということもあり得ます。

海外メーカーの多機能ペンと言えば「ロットリング フォーインワン」もオススメの1本!

こんな感じですね。気にしないという方も多いでしょうが、もしお気に入りの手帳にキレイに収まるペンが欲しい、といって探されているのであればこの点は一度見て頂いたほうが良いかと思います。

もう一つは、持つ部分の滑りやすさです。ツルっとしてるんですよね。

海外メーカーの多機能ペンと言えば「ロットリング フォーインワン」もオススメの1本!

裏を返せばとてもキレイに表面加工が成されているということですが、少々滑りやすいと感じる方もいらっしゃいます。
重心が低めなので書きやすさや安定感はあるのですが、ツルツルしているせいか夏場に手汗をかいてしまったときなど、何となく収まりの悪い感じがあります。
とはいえ、長時間の筆記をするわけでなければそこまで気にすることもないとは思いますが、念のため。

スポンサーリンク

高級な3色+シャープペンを探しているならオススメ

毎回悪い点も書いてしまうところが悪いかもしれませんが、気になるところはしっかりと書いていきたいと思います。

とはいえ、やや重たいもののスリムでしっかりとしたボディ、実用的なクリップ、実用的な3色の4Cリフィル+シャープペンシルという構成の高級感がある多機能ペンなので、ビジネスだけでなく学生にもオススメできる1本だと思います。

人気なのでわりと持ってる人も多いかも…?被ることが嫌じゃなければぜひどうぞ。
ちなみにトリオペン、という3色であればシルバーのカラーもあるようですね。