人気の高級4色ボールペン「LAMY 2000 L401」をレビュー!気になるところもあるけど名品だと思う。

人気の高級4色ボールペン「LAMY 2000 L401」をレビュー!名品だと思うけど… 万年筆・ペン

これまでいくつかの多機能ペン(多色ペン)で比較対象として挙げていた、LAMY(ラミー)の「2000 L401」の記事をようやく書くことができました。
このペンは高級筆記具と呼ばれるジャンルの中でも、多色ボールペンのなかでは不動の人気を誇る4色ボールペンです。
すでにお持ちの方も多いと思いますし、持っていない方でも名前や見た目は知っているという方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

ちなみにこの「LAMY 2000 L401」は、ラミーのデザインプロダクトによる最初の作品だそうです。1966年にバウハウスの影響を受けたデザイナーであるGerd A Mullerがデザインしたもので、50年以上人気の続いている名品なんですよね。私もこのシンプルなデザインに魅力を感じて購入したクチですから。

そんなこんなで、これまでに多くのメディアでレビューが繰り広げられているので今さらではありますが、改めて「LAMY 2000 L401」の紹介&レビューをしていこうと思います。

スポンサーリンク

「LAMY 2000 L401」の外観

もはやお馴染みの本体です。サイズは全長139mm、軸径11mm重さは22gと樹脂+ステンレス素材のうまい使い分けで見た目のわりにスリムで軽くなっています。

人気の高級4色ボールペン「LAMY 2000 L401」をレビュー!名品だと思うけど…

シンプルで良いですよね。中心にやや膨らみを帯びた弾丸系のデザインで、ツルッとした樹脂製のボディが特徴的です。
軸の黒い部分は樹脂製、銀色の部分はステンレス製です。後ほど書きますがここが好みの分かれるポイント。

人気の高級4色ボールペン「LAMY 2000 L401」をレビュー!名品だと思うけど…

こちらがクリップです。「LAMY 2000 L401」は振り子式と呼ばれる切り替えを採用しており、ペンを水平にした状態で出したい色のマークが上側を向いているときにノックすれば、その色を出すことができます。多色ペンにありがちなカチカチ音がしないというメリットがあります。

ちなみにこのクリップですが、バネ式を採用しており1〜2ミリ程度ですが開くようになっています。

人気の高級4色ボールペン「LAMY 2000 L401」をレビュー!名品だと思うけど…

厚手のノートやクリップボード、ペンホルダーなどへの抜き差しがしやすくなっていますが、返しの部分が引っかかることもあるのでそこだけは気になるかな。

スポンサーリンク

「LAMY 2000 L401」の内部

ではリフィル部分を見てみましょう。

人気の高級4色ボールペン「LAMY 2000 L401」をレビュー!名品だと思うけど…

本体の中心からやや下の部分にネジが切られており、ここを回すと外すことができます。
インクは既に純正のものから変えてありますが、4C規格リフィルのインクであれば交換が可能です。
正直、純正インクは国産インクほど書き心地は良くありません。おそらく海外メーカーのボールペンを購入したときに一番ネックとなるポイントだと思いますが、今では国内メーカーにも4C規格に対応するリフィルがありますので、さほど気にすることもなくなっています。後ほどインクについては書きますので。

スポンサーリンク

良いところばかりではない…

さて、これまで良いポイントを書いてきましたが、ここからは気になる人は気になるポイントを2つ書いておきます。個人的な意見でもあり、レビューやブログを見ていくと同じような意見を出している方も多いので、おそらく共通の問題になるかと思います。

軸部分が樹脂製だから割れやすい

ここは多くのユーザーが意見しているところだと思います。本体が軽くなって良いことなんですが、リフィルを入れ替えるためのネジ部分の樹脂が薄くなっているためか、ある程度使っているとここがひび割れる、ということがあるようなんです。
運が悪いと、落としたときにわずかなヒビが入ったりと全体が金属製のモデルに比べて故障しやすいということを念頭に置く必要があります。
ただこれについては、樹脂製すべてに言えることでもありますので受け止めかた次第だと思いますが、「LAMY 2000 L401」は高級なので、壊れちゃうとショックでかいんですよね。ちなみに修理には3000円くらいかかるようです。

ちなみに、幸いにも私は5〜6年は使っていますが割れたことはありません。ただ何度か割れそうな気がする…というシーンは経験しています。リフィル差し替えのときとか。馴染みすぎてついつい雑に扱いがちですが、一応高級筆記具ですからね、丁寧に使ってあげましょう。

金属が擦れる音がする

わかってもらえる方も多いかも。ペン先部分の銀色のところがステンレス素材というのを先ほど書いておりますが、中に入っている4Cリフィルも金属なんですよね。そのため、金属がシャリシャリする音が苦手な人はちょっとキツいかもしれません。どうやらモノによっては音が比較的少ないものもあるようですが、総じて音が出ると思った方が良さそうです。
また、ノック部分も同様にキュリっというかシャリというか擦れる音が出ることもあるので、苦手な方は一度店頭などで試して見たほうが良いかもしれません。

と、このような2つの問題があるわけですが、ここに対して特に気にすることはないと感じた方は、この「LAMY 2000 L401」は当たりの4色ボールペンだと思います。
では純正から置き換えるリフィルのオススメをいくつか書いておこうと思います。

スポンサーリンク

交換用4Cリフィルのおすすめ。

まずはこれ。もちろん三菱鉛筆のジェットストリームインクです。低粘度の油性インクで書き心地がとても良いと大人気。高級ラインのプライムシリーズが発売されたことで、ようやくジェットストリームインクの4Cリフィルが登場しました。

油性ではあるけれどサラサラとした書き心地にしたい方はこちらのインクをオススメします。

ただ残念ながら緑色がないんですよね。ジェットストリームもプラスチックのやつには緑色あるんだから出してくれてもいいのに。

個人的に緑色の置き換え先はパイロットの4cリフィル「BRFS-10」シリーズ。ちなみに10EF、10F、10Mと数字の後ろにつく英字で字幅が変わります。
もちろん、ジェットストリームよりも油性っぽいヌラっとした書き心地を求めている方ならこちらのインクがオススメです。
最近パイロットの4Cリフィルでもアクロボールのアクロインクを採用してるものもあるようなので、違いがわからないというかたは店頭で試し書きしてみるのもよいかも。

おそらくこれが一番無難で良いかと思います。もう一つの案はゼブラ製の4Cリフィルを使うという方法ですが、なぜかゼブラ製の4Cリフィルは径が僅かに太くなっており、差し込まれた側が広がってしまい、他の4Cを挿すときにスカスカになってしまうんです。
このあたりは他のブログを参考にして頂く方が早くていいかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

ということで、ざっくりと 「LAMY 2000 L401」について紹介して来ましたがいかがでしょうか。あまりレビューらしいことしていないですが、お許しください(笑)

人気の高級4色ボールペン「LAMY 2000 L401」をレビュー!名品だと思うけど…

ちょっとした気になるポイントはあるものの、デザインといい機能性といい高級筆記具というジャンルの多色ボールペンのなかでもオススメできる1本だと思います。
ただ唯一の難点は、人気が出過ぎた気がするのでビジネスシーンでも結構持っている人いるんですよね。昔はあまりいなかったように思いますが、この3~4年でとても増えた気がします。それだけ良い物だということでしょうけど。

私も色々他のやつを購入しては、気づけば「LAMY 2000 L401」に戻ってきてを繰り返し、なんだかんだ使い続けていますので、一度手にすれば馴染んで使いやすい相棒のような存在になってくれると思います。

ちなみに価格ですが、輸入品であれば5,000円台からありますし、サポートなどを含めて店頭で購入すれば10,000円前後と幅は広いですが、それだけ選択肢もあります。
皆さんが最も良いと思う方法で購入して頂いて、ぜひ使って頂ければと思います。