パイロットの万年筆「カスタム ヘリテイジ91」を購入したのでレビュー!扱いやすくて初心者にもおすすめの一本です。

万年筆・ペン

以前から国産万年筆を欲しかったのですが、ついに我慢できずに購入してしまいました。
それが今回紹介するパイロットの万年筆「カスタム ヘリテイジ 91」です。

この「カスタム ヘリテイジ91」は、4色から選べるボディカラーとシルバー調のクリップや金輪でまとめたデザインとなっています。
またクリップの返し部分のデザインがパイロットならではの丸型ではなくストレートになっているのが特徴です。

パイロットの万年筆「カスタム ヘリテイジ91」を購入したのでレビュー!扱いやすくて初心者にもおすすめの一本です。

私の場合、同じくパイロットの「グランセ」を使おうと考えていたのですが、使っている手帳のペンホルダーに指すときにどうしても丸型だとうまくキマらなくて悩んでいたところ、この「カスタム ヘリテイジ91」であれば問題はなさそうだったので購入に踏み切りました。

スポンサーリンク

「カスタム ヘリテイジ91」とは

「カスタム ヘリテイジ91」に関する基本的な情報は下記のとおりです。

製品名 カスタム ヘリテイジ91
品番 FKVH-1MR
価格 10,000円+消費税
種類 万年筆
サイズ 最大径φ 14.7mm 全長 137mm
ぺン先 14K 5号 ロジウム仕上げ
ぺン種 EF・F・SF・FM・SFM・M・SM・B・BB
※YB、TY、YGは F・FM・M・B のみ
適合コンバーター(インキ吸入器) CON-40・CON-70 ※カートリッジインキもご使用できます。

パイロットの万年筆、とくに「カスタム」シリーズは豊富なペン先から選べることも特徴で、今回紹介している「カスタム ヘリテイジ 91」の黒軸モデルでは、最大9種類からペン先を選ぶことが可能です。

このように選択肢も多くスタンダードな装いの本格万年筆ですが、およそ1万円程度で購入ができるので、万年筆初心者はもちろんのこと既に長く使っている方でも2本目以降や字幅の違いを求めている方にもオススメの一本だと思います。

スポンサーリンク

好みの字幅は「FM(ファインミディアム)」

たくさんの選択肢から自分の好みを探し出す、というのが万年筆の醍醐味であり大変なところでもあると思います。

私の場合、「グランセ」も同じくFMを選んでいまして書き心地はとても滑らかで好みのものでした。そのため今回の「カスタム ヘリテイジ 91」も同じような書き心地を期待してFMを選んでいます。

パイロットの万年筆「カスタム ヘリテイジ91」を購入したのでレビュー!扱いやすくて初心者にもおすすめの一本です。

これまでに持っている外国製の万年筆は、もともとも字幅が日本のものと違うということもあってEFを選ぶことが多く、日本製のものでもノートやメモでも細かい字で書くことが多いため、基本的にはEFやFを選んでいます。

以前当ブログで取り上げた同じくパイロット製の「キャップレス デシモ」は細かい字でノートに書くこととちょっとしたメモ用でもカスレないようインクフローなども考えてFにしています。

今回私が選んでいるFM(ファインミディアム)は、パイロットのペン先の種類ではやや硬めの中細字と区別されているもので、ノートにように細かく書くことだけでなくメモなどでざっくりとした筆記を行うにもちょうどよい太さを備えた万能とも言えるペン先となっています。

さらにこの「カスタム ヘリテイジ91」は、14kのペン先を採用しているため、見た目のシルバーニブと硬そうな割に意外と「しなり」もあって、文字の強弱をつけやすくなっています。
ただこのペン先が意外とクセモノで、ペンによって微妙に硬さやインクフローが異なるため、同じ製品であっても個体によって全然違うということがありえることだけ注意してください。
私の購入したものは概ね問題ないのですが、なんとなく引っかかる印象を受けます。店頭で試し書きしたときはもう少しゆるい感じでヌルヌルした気がしたんですけどね…。

ちなみにこのFMは、ペンを立てて持つ方にオススメしているそうで、寝かせて持つ方はSFMやSFというペン先の種類が良いそうです。
このあたりはパイロットの公式ページにある説明や実際に試し書きしてみて好みを探して頂くほうが良いかと思います。

万年筆のペン先の種類 | 万年筆は「書く為の道具」 | 特集記事一覧 | PILOT LIBRARY | PILOT

では実際に「カスタム ヘリテイジ91」で愛用のAmazonベーシックのリーガルパッドとクラシックラージノートに書いてみます。

スポンサーリンク

試し書き

ということで、2種類の紙に実際に書いてみました。

パイロットの万年筆「カスタム ヘリテイジ91」を購入したのでレビュー!扱いやすくて初心者にもおすすめの一本です。

リーガルパッドに書くと、紙の繊維の影響かもしれませんがなんとなくカリカリと引っかかってしまう印象がありました。
同じFMの「グランセ」と比較してもヌラヌラ感が違うことから、このペンのニブ(ペン先)が思っているよりも硬めなんだろうなぁと思います。

ただこの硬さがあるので、ノートに筆記するときにはペンを立てることで細かい字を書きやすいということはありますが、ササッとメモを取りたいときには少し苦しく感じることもありました。

パイロットの万年筆「カスタム ヘリテイジ91」を購入したのでレビュー!扱いやすくて初心者にもおすすめの一本です。

ということで、次はノートに書いてみました。

リーガルパッドに書くよりも引っかかりは少ないので、紙質によっても書き心地に変化があるという良い勉強になりました。
インクの出方が少し落ち着きがない感じがありますが、立てて書いても少し寝かして書いてもラクに書くことができます。
このあたりの印象は、FMという字幅のおかげではないでしょうか。

ただインクフローが良いので、あまり力を入れすぎてもインクが裏抜けしてしまう可能性が高いので、使うノート(例えばモレスキン)によっては、どうしても裏抜けしてしまうことがあるのでこのあたりは注意した方が良さそうです。

スポンサーリンク

「カスタム ヘリテイジ91」のレビューをまとめ

ということで、ここまで「パイロット カスタム ヘリテイジ91」について書いてきました。

正直なところ、これだけ何だかんだ言っても楽しめて実用的な万年筆が1万円程度で購入できるので、これから初めて万年筆を使う方や少し高級なものを1本使ってみたいという方にはオススメできる万年筆だと思います。

どうしてもデザインで見ると、日本の万年筆はいかにもという感じがしてしまい手に取りにくいところがあります。しかし実際に使ってみれば、そこにはデザイン以上の実用性があると思うので、もし使ったことがないのであればぜひ試してみる価値はあると思います。

とくにパイロット製品であれば、文房具屋の店頭で実際に試してみることもできますし、自分の好みを探りやすいと思います。

さらに価格については、サポート等を考えなければネットで安く買うこともできますので、選択肢としては悪くないと思います。

豊富なペン先から好みの1本を見つけて、これから万年筆を使っていきたいという方にはオススメなので、ぜひ試してみてください。